お使いのブラウザでJavaScriptが無効に設定されています。有効にしてご利用ください。
[現在の位置] » ホーム » 商品情報 » 小麦粉・うどん » 熊谷うどん 〜40.9度の麦畑〜

商品情報

熊谷産にこだわった「熊谷うどん」 熊谷産にこだわった「熊谷うどん」
熊谷で収穫された小麦を熊谷で製粉した中力粉は、うどんを打つのに適度な粘りを持っています。その特徴を存分に生かしながら、熊谷で製麺された”熊谷うどん”。とことん熊谷産にこだわった美味しさを”熊谷うどん”ののぼり旗のお店で、ご堪能下さい。
熊谷産にこだわった「熊谷うどん」 熊谷うどん

日本の小麦生産中興の祖 麦翁・権田愛三物語
麦翁 権田愛三
△ 麦翁 権田愛三

権田麦翁 碑
△ 権田麦翁 碑
 後年、「麦翁(ばくおう)」と称された権田愛三は、江戸後期の嘉永3年、現在の埼玉県熊谷市東別府に生まれました。当時の麦作りは、生産が安定していなかったため、人々は食料不足で困っていました。
 そのような状況を憂いた愛三は、麦の増産を決意し、麦作りの改良に取り組み始めました。
様々な研究を重ねながら、愛三は良質な麦の生産にむけて根張りを良くするために早春に麦の芽を踏む技術の「麦踏み」を取り入れ、大きな効果を発揮しました。
 また、増産にむけては、熊谷の雪の少ない気候を利用して米の収穫が終わった冬の間に麦の生産をする「二毛作」を行いました。こうした技術改良の結果、明治29年には当時の収穫量の4倍〜5倍をあげることに成功し、その成果を地域の農家に伝授しました。
 「麦踏み」、「二毛作」などの技術改良で、収穫量をこれまでの4倍〜5倍にすることに成功した愛三は、その成果を地域の農家に伝授しました。
 
 その後、更なる研究の場として埼玉県立農事試験場が、現在の熊谷市玉井地区にできたのも愛三の嘆願によるものです。
 また、明治41年には、これまで研究してきた麦作生産技術を当時の農商務省に上申しました。これらにより愛三の技術改良は全国に知れ渡り、各地から講演や技術指導の依頼がくるようになりました。
 全国各地に出向き、年間で350回以上、受講者1万8千人余にのぼりました。また、埼玉県内はもとより、鹿児島、熊本、茨城、群馬、長野、福島、新潟などの各県から訪れた研修生は年間300人以上で、自宅に宿泊させての実地指導を行いました。
 このような愛三の貢献に、国は緑綬褒章大礼記念章を授与しました。こうした実績を称え「麦翁」と呼ばれた愛三のふるさと熊谷には、その思いをくんだ良質で全国有数の収推量を誇る麦作りとうどんの食文化が今も伝えられています。

熊谷は「日本の小麦のふるさと」です。熊谷小麦事情
熊谷市内 麦畑

熊谷市内 麦畑

熊谷市内 麦畑

熊谷市内 麦畑

熊谷市内 麦畑
※熊谷市内の麦畑の模様です。
(春から初夏にかけて)

熊谷うどん熊たまや

熊谷うどん熊たまや

熊谷うどん熊たまや

熊谷産小麦100%使用
熊谷駅秩父鉄道改札前
熊谷うどん熊たまやでは、各種のメニューをお召し上がりいただけます。

熊たまやホームページはこちら
【 熊谷産小麦の生産量 】

 江戸時代から熊谷周辺は、良質の小麦が栽培されてきました。さらに、権田愛三によって小麦の生産技術が確立され、全国に広められたことから、現在でも熊谷市の小麦生産量は埼玉県でトップ、全国でも上位に位置しています。
※熊谷市の収穫量は9,330t(平成18年度産)

【 熊谷産小麦の特徴 】

 熊谷産の小麦は主に「農林61号」「あやひかり」の2種類が栽培されていて、熊谷市内で中力粉として製粉されています。
美味しいうどん作りに欠くことできない、最適な粘りと風味を持ち、それぞれに異なった2種類のうどんの味を楽しむことができます。
「農林61号」の小麦粉を使って打たれたうどんは、小麦の持つ風味と程良い硬さが、煮汁のしみ込みの良い誰にでも好まれる味わいになります。
「あやひかり」の小麦粉を使って打たれたうどんは、弾力性があり、つるつる感にもちもち感が加わったのどごしの良さが、大きな特徴になっています。
昔からの熊谷産小麦の伝統を受け継いだ、この2種類の小麦粉で作られる”熊谷うどん”はそれぞれの”風味”と”食感”が味わえ、他とはひと味違う美味しさです。

【 熊谷産小麦使用!
熊谷うどんの食べられるお店 】
熊谷産小麦使用!熊谷うどんの食べられるお店

 熊谷で収穫され、熊谷で製麺された”熊谷うどん” とことん熊谷産にこだわった美味しいうどんは『熊谷うどんののぼり旗』のお店でご堪能下さい。
熊谷うどんの食べられるお店はこちらのサイトでご覧いただけます。あついぞ.com(熊谷周辺の情報ポータルサイト)

熊谷産小麦使用!熊谷うどんの食べられるお店

また、熊谷駅構内でも熊谷うどんが食べられます。
熊谷駅秩父鉄道改札前では、熊谷産小麦を100%使用したお店 「熊谷うどん 熊たまや」が営業を行っております。
※熊たまやの場所は… 地図
 JR改札から熊たまやへの行き方(熊たまやブログ)

【熊谷産小麦100%!
熊谷うどん〜40.9度の麦畑〜】

熊谷市は2007年8月16日40.9度の最高気温を記録しました。
その熊谷市のキャッチコピーは「あついぞ熊谷」です。しかし、ただ暑いだけではありません。「あついぞ!熊谷」事業が行われています。「あつい」は「暑い」から「熱い」、「気温の暑さ」から「気持ちの熱さ」に広がって、あつい熊谷の名物や、熊谷市民のあつい活動がたくさん生まれ、元気な地域「熊谷」が広く全国に発信さるようになりました。
そのあつい熊谷が産んだ名物の一つに…
熊谷うどん〜40.9度の麦畑〜 … があります。

熊谷産小麦100%のうどんと「あついぞ熊谷」体感スパイスの組み合わせで、他のうどんとはひと味違う美味しさをご堪能いただくことができる自慢のうどんです。
熊谷にお越しの際は是非熊谷うどんをお召し上がり下さい。
お土産に 熊谷うどん〜40.9度の麦畑〜 をどうぞご利用下さい。  

お求めは以下の画像をクリック!!
熊谷うどん
「あついぞ熊谷」体感スパイスのおまけつきです!!熊谷市は2007年8月27日 40.9度の最高気温を記録しました。
▲このページの最上部へ戻る