お使いのブラウザでJavaScriptが無効に設定されています。有効にしてご利用ください。
[現在の位置] » ホーム » 米人(コメット)倶楽部

米人(コメット)倶楽部

08.9.1

お米の生産現場から

『お米の生産現場から』では、米産地の情報をはじめとして、産地から皆様のお手に届くまで普段余り知られることのない情報もお伝え致します。

さて、9月に入りました。あっという間に稲は大きく育ち黄金色に色づき始めます。産地によっては稲刈り迄カウントダウンを迎えようとしています。

これから続々と産地から、新米出荷予定日の連絡が入ってきます。そこで今回は昨年の当社への新米(玄米)入荷日時を確認しておきたいと思います(出荷日時は入荷日から2~3日後です)。

ライス・スクエア販売米 昨年の新米玄米入荷日時
特別栽培米 新潟県十日町産こしひかり 9月末日
特別栽培米 新潟県加茂産こしひかり 9月末日
特別栽培米 山形県鮭川村産はえぬき 10月10日
埼玉県産 彩のかがやき 10月12日
特別栽培米 山形県村山産ささにしき 10月15日
特別栽培米 埼玉県大利根町産こしひかり 10月20日
特別栽培米 岩手県産ひとめぼれ 10月25日
低アミロース米 長野県大町産夢ごこち 11月12日
天日乾燥米 長野県佐久産こしひかり 11月19日
特別栽培米 熊本県嘉島町産森のくまさん 11月20日

皆さんの中には「えっ!どのお米も遅くないですか?11月下旬に入荷するお米もあるなんて…」なんて思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか?それには幾つか理由があります。

ライス・スクエアで販売するお米は主に特別栽培米。農薬や化学肥料を減らして作るお米のため、虫の発生などによるリスク回避などがより重要になってきます。その為、お米が登熟する頃にはやや涼しい季節を迎えるよう田植えもやや遅いお米が多いのです。

それだけではありません、長野の佐久こしひかりの例を写真でご覧下さい。収穫後、じっくり天日で乾燥するお米もあります。乾燥だけで約1ヶ月!このお米の美味しさといったら「たまりません」の一言。味は私が保証します。(写真は平成16年の天日乾燥作業の模様です。)

1. 櫨(ハゼ)の木を使います
1. 櫨(ハゼ)の木を使います。

2. ハゼを組み立てます。
2. ハゼを組み立てます。

3. 手作業でハゼにお米を掛けます。
3. 手作業でハゼにお米を掛けます。

4. ご覧のように天日乾燥します!
4. ご覧のように天日乾燥します!

今年も長野の佐久産こしひかりは天日乾燥したお米をご用意して、皆様にお届けします!

▲このページの最上部へ戻る